早漏塗り薬【早漏クリーム・早漏スプレー】で早漏改善できる!?

早漏防止クリーム・早漏防止スプレー早漏塗り薬(クリームタイプ)は、男性器に直接クリームを塗ることで、患部を麻痺させ射精時間を延ばし、挿入時間を長持ちさせる効果があります。

また、早漏クリームを塗ってから5分10分で効果を実感できるほど浸透率が高く、即効性に優れた早漏薬になります。

使用方法も男性器に塗るだけになりますので、だれでも簡単に使用する事ができます。

ここでは、早漏塗り薬(クリーム・スプレー)のメカニズムや効果、おすすめ早漏薬を記載しています。

早漏塗り薬(クリーム・スプレー)効果

ED改善や早漏改善の治療薬と言えば、口から服用するタイプ(飲み薬)をイメージするのが一般的だと思いますが、早漏薬にはクリーム(塗る)やスプレータイプが存在します。

飲むタイプの錠剤は、成分が身体に吸収されるまでが、直接塗るタイプよりも遅く、その分効果が表れるまでに時間がかかります。

一方、塗るタイプである早漏防止クリームやスプレーは、直接塗ることから効かせたい所にダイレクトで効果を作用させることができます。

早漏防止クリーム・スプレーは男性器に直接塗ることで局部麻痺を起させ、感度を下げることができます。

その為、刺激に強くなるというよりは、刺激に鈍感になり、挿入時間が大幅に長くなります。

効果時間は大体1~2時間前後です。

端的に言うと「早漏防止クリーム・早漏防止スプレー=局部麻酔(部分的麻酔)をする」とも言えます。

早漏に効く有効成分リドカイン

リドカイン

早漏クリームには、リドカインと呼ばれる成分が入っており、その成分により局部麻酔が成り立っています。

一般的に痛みや刺激を感じるのは脳であり、各部位で痛みや刺激が加わると、損細胞から「発痛物質」が発生します。

そして、この物質が電気信号に変わり、脳の大脳皮質へと届き、そこで初めて刺激や痛みを脳が認知するのです。

早漏クリームに含まれるリドカインは、痛みを脳に伝える電気信号を遮断する働きがあります。

もっと詳しく言いますと、その電気信号の中にはナトリウムイオンが深くかかわっていて、そのナトリウムイオンの流入を邪魔する事で、活動電位の発生が抑えられ、神経伝達が遮断されます。

リドカイン=身体から発せられた痛みの信号を遮断する」と言うことになります。

リドカインの副作用

リドカインが含まれる薬での副作用として稀に以下の事例があげられます。

眠気

吐き気

アレルギー症状

冷や汗が出る

手足にしびれが出る

息苦しくなるなどがあります。

このような副作用は、ほとんど現れることはありませんが、異変を感じた場合は直ちに医師に相談するようにしましょう。

また、アレルギー反応はリドカインに含まれる防腐剤による原因が多いです。

リドカイン

世界で最も使用されている局所麻酔薬。

抗不整脈でもあります。

ナトリウムチャンネルを阻害する作用を持っている。

早漏塗り薬の種類と使い方

早漏塗り薬の使い方

男性器に直接塗るタイプにはクリームとスプレーがあります。

それぞれ、効果やメカニズムは同じです。
適量を指にとり、男性器にまんべんなく塗っていきます。

スプレーの場合はふきつけます。

しかし、スプレーでは男性器全体にふきつけるのが難しく、指で広げたといった口コミも多いです。

また、クリームは量を簡単に決めることができますが、スプレーだとその調整も難しいとのことです。

男性器に塗り終え、5分~10分の内には、効果を感じてられます。

麻酔成分が効いてきたのが分かれば、石鹸を使いきれいに洗い流します。

洗い流す男性器に成分が浸透してから洗い流すことで、効果はしっかり持続しますので、洗い流しても問題ありません。

また、洗い流さず性行為を行なうと、パートナーと接触が起こる膣や口に成分が付着してしまい軽い痺れを起こしてしまう場合がありますので、洗い流すのを忘れないでくだい。

部分的な麻痺を起す薬になりますので、多量に使用すると、刺激に対してとても鈍くなり、起ちにくくなります。

ですので、極力控えめに使用しながら、自分のベストな適量を探すと良いでしょう。

ドカインジェルライマックススプレー、ドスプレーなどが有名です。

早漏塗り薬【早漏クリーム・早漏スプレー】のメリット

即効性があるので急な対処に困らない。

塗るだけで早漏対策ができる。

持ち運びにも不便にならない大きさ。

効果の効き目を塗る量で調整できる。(クリームの方がスプレーより調整しやすい)

早漏クリームや早漏スプレーは、塗るだけで効果を発揮しますので、手軽に使うことができる早漏薬です。

刺激に弱い、いわゆる男性器の感度が強い男性(包茎の男性に多い)には、かなり効果の期待できる早漏薬です。

効き目の強さや時間を、ある程度自分で調整できるメリットがあります。

早漏塗り薬【早漏クリーム・早漏スプレー】のデメリット

感度が下がることにより、気持ちいいの質が下がる恐れがある。

塗り過ぎると刺激に鈍感になり射精できなくなる。

心因性の早漏である男性には効果がない。

早漏改善という根本的な解決にはならない。

世界的にも実績のあるリドカインが有効成分であり、市販の薬にも含まれていることも多く、危険性は少ないです。

しかし、塗り過ぎると射精できなくなるほど、感覚が麻痺します。
時間がたてば効果も切れて麻痺は治ります。

男性器を麻痺させ感度を下げる薬になりますので、精神的な効果を見込むことができず、心因性の早漏である男性には効果があまりないです。

まとめ

一時的に早漏を防止したい時は、早漏クリーム・早漏スプレーがおす。

しかし早漏改善の根本的な解決にはなりませんので、あくまで一時的な為の物として使うことをオススメします。

>>完全な早漏改善を目指す方はこちらから

投稿日:2017年8月11日 更新日:

Copyright© 早漏改善・防止の為に完全攻略 |本気の早漏改善.com , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.